愛甲郡の引越しを予定しているなら! 業者価格を比べてみましたか?

昨今、近所付き合いのいざこざから殺人事件に発展することも珍しくありません。その大半は些細なことがきっかけです。騒音やゴミ、ペットの糞尿などです。細かなことが積み重なり、憎悪となって取り返しのつかない行動へと人を駆り立てるのです。

 

ですので、一番最初は非常に肝心です。引越の際は挨拶を怠らずしましょう。新居に引越す際、当日より事前に新居の近所を訪れ「○日に隣に越してくるものです。当日は搬入で多少騒がしくなるかもしれませんが、何卒ご容赦ください」と言っておけば、印象はかなりよくなるはずです。新居の両隣、マンションなら上下階の人にも挨拶しましょう。お詫びの品は1,000円程度のもので充分です。

 

挨拶のタイミングは難しいもので、一度逃すとズルズルと後ろにずれ込んでいき、最終的に「もう今から行っても、逆になんで今更なんだよって思われるから、もういいや」となって、挨拶せずじまいになります。なので、挨拶はできれば引越よりも前、もしくは引越当日、翌日以内には済ますようにしましょう。

 

新居のほかに、旧居のご近所さんにも挨拶は大事です。気づいたらいなくなってたでは「私たち仲の良いご近所さんじゃなかったの?!」と、悲しまれるかもしれませんよ(笑)。両隣はもちろんですが、仲良くさせて頂いたご近所さんには距離に関係なく挨拶しましょう。せっかく築いた人との絆です。引越しを機に失うのではなく、挨拶ひとつでつなぎ止めておく事もできます。

>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

神奈川県愛甲郡

神奈川県愛甲郡は、神奈川県の郡で、人口44,951人、面積は105.58kmとなっています。神奈川県愛甲郡は、相模国に属していて、元は同国最北部にあたる相模川、道志川流域の山間部も領域に含んでいました。古くは、あゆかはと読まれ、この地名は後に、鮎川、愛川の地名が派生する源となります。中世に今の厚木市付近に毛利荘が成立し、鎌倉時代初期に幕府の創立に貢献した大江広元の所領となります。神奈川県愛甲郡にある北部の山間部は奥三保と呼ばれていましたが、鎌倉時代に三浦氏支族の津久井氏が城山に城郭を築いてから、津久井と呼ばれるようになります。江戸時代、この地域は愛甲郡から分離されますが、津久井県の名で呼ばれ、明治に入って津久井郡と改称されます。

 

そして、戦国時代には小田原の後北条氏の支配下に入ります。1569年には、今の愛川町で両軍による三増合戦が起きています。江戸時代には、郡内の多くの地域が小田原藩の支配となりますが、他の藩領や幕府直轄領、旗本領なども混在していて、支配関係は複雑化します。江戸時代後期には、郡の一部が下野国の烏山藩の所領となります。1878年、郡区町村編制法により愛甲郡が発足し、郡役所は厚木村に設置されます。