川崎市内の引越しを予定しているなら! 業者価格を比べてみましたか?

川崎市の引っ越し経験者の体験談

川崎市多摩区から麻生区の3LDKマンションに引っ越し

海外に住んでいた娘が帰国することになり、もう少し広い場所に引っ越しました。一人暮らしで2DKのマンションに住んでいましたが、娘との2人暮らしで3LDKのマンションに引っ越しをしました。時期は2016年10月、神奈川県川崎市多摩区から川崎市麻生区です。

 

引っ越し業者はなにわ引っ越しセンターを選びました。知名度は低いのですが友人がこちらを利用して、かなりお安かったと聞いて見積りをとったところ、即日メールですぐに回答をいただき他の業者と比べると3割程度お安い料金でした。

 

時間指定がないプランで48,000円で、特別にオプションなどはしませんでしたが、お見積りの料金のままで特別に別に請求されることもありませんでした。

 

当日は作業員の方が3名でテキパキとあっという間に運んで下さり、新居では家具を置く場所などを細かく確認をしてくださりとても助かりました。安い料金だからといってサービス面などで劣ることもなく、トータル的に満足できました。


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

神奈川県川崎市

神奈川県川崎市は、神奈川県の北東部にある政令指定都市で、神奈川県の北東部、県の最東端に位置する市です。川崎市の北端は、多摩川が流れていて、東京都との境になっています。東に東京湾が広がる神奈川県川崎市は、江戸時代から栄えていた歴史ある街で、古くからの閑静な住宅地が多いのが特徴です。

 

しかし、近年では東京との近さから近代化していて、若者の街と言われる人気の市に発展しました。中でも川崎駅前周辺は昼夜を問わず多くの人が賑わっています。横浜市駅から離れた多摩川沿いの低地は、のどかな田園風景が広がっていて、東京湾岸に広がる埋立地は大規模な重工業地帯になっています。

 

神奈川県川崎市は、政令指定都市20市の中では面積が一番小さく、人口は全国第8位です。非都道府県庁所在地の市としては最大で、100万人を超えています。財政状況は明るく、財政力指数は1.101となっていて、政令指定都市では財政に余裕がある市です。明治、大正期に川崎駅周辺で都市化が進行し、昭和前期になると鉄道路線の開業が行われ、私鉄沿線には住宅地が栄え、多摩川沿いの南武線沿線には工業地が栄えます。

 

川崎市内の引越しでは一括見積もりを利用しましょう

引っ越しを予定されている方は必見の内容です。有名ドコロの大きな会社を利用するのは安心感がありますが、しかしそのスタッフの全てが正社員であることは稀です。このご時世、チームリーダーだけがそうであり他のスタッフはアルバイト、派遣で占められているということは例外ではないのです。そうなると引っ越し業者選びは自分の目でチョイスする必要があります。

 

チェックポイントの第一はもちろん価格でしょう。ですがあまりにも激安なところも考えものです。単純にその値段に惹かれてしまった場合には、肝心のそのサービス内容がかなり劣ることもあり得ます。たとえば通常ならサービスされるはずのダンボールが優良だったり、、、そうなると激安と思っていた料金も必ずしもそうではなくなりますから。

>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

川崎市内と市外の引越し|神奈川県の引越しで安い業者探しはコレです!関連ページ

横浜市
平塚市
横須賀市
鎌倉市
茅ヶ崎市
逗子市
藤沢市
葉山町
三浦市
秦野市
厚木市
相模原市
綾瀬市
座間市
南足柄市
大和市
海老名市
伊勢原市
愛甲郡
小田原市