大和市の引越し 1番安い業者を知る方法をご存知ですか?

引越しが決まると、しなければならない手続きがたくさんあります。引越し先で、早く通常の生活が送れるように早めに済ませてしまいましょう。転居届は、引越し前に行わなくてはいけません。今住んでいるところの市区町村役場で手続きをして、『転出証明書』を発行してもらいましょう。引越し後、転入届を出すときに必要になります。

 

次に電力会社へ引越し手続きです。引越しが決まったら、電力会社に連絡をして電気を止める手続きをしましょう。最悪当日でもOKですが、余裕を見て1から2週間前に済ませておくと安心です。それから、ガスの引越し手続きも必要です。引越しが決まったら、ガスの使用中止の手続きをしましょう。また、引越し先のガス開栓の手続きもしなくてはいけません。水道局への引越し手続きも忘れずにおこないましょう。引越しする日時が決定したら、水道の使用中止の連絡をしましょう。また、引越し先の水道の使用開始の手続きもしなくてはいけません。

 

最後に転居届です。引越しが決まったら、郵便局に転居届を出しましょう。そうする事で、以前住んでいた住所宛の郵便物が、引越し先へ転送されます。便局のHPからでも簡単に手続きができます。ただし、このサービスは手続き後1年間なので注意しましょう。インターネットを利用していた人は、現在使用中のインターネットプロバイダに連絡して、こちらも引越し手続きをしましょう。その他、携帯電話の住所変更手続きやNHKの引越し手続きもしましょう。

>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

神奈川県大和市

神奈川県大和市は、神奈川県のほぼ中央に位置する市で、国からは特例市として指定されています。大和市内の人類の足跡は古く、約23,000年前の旧石器時代の遺跡に遡ります。あちこちで遺跡が点在していて、質の高い石器類が発掘されており、石器類からは当時の人々が狩猟中心の生活をしていたことが伺えます。

 

また大和市内には縄文時代の草創期の遺跡も残っていて、日本最古レベルの土器片が出土しています。神奈川県大和市は、東京都心から40km圏内にあり、東は横浜市、西は座間市、海老名市、綾瀬市に、そして南は藤沢市、北は、相模原市、東京都町田市に隣接しています。人口は約23万人で、かつては隣接する座間市、海老名市、綾瀬市との間に県央政令指定都市構想がありました。

 

市域のほとんどが相模野台地上にあって、北から南へ緩やかに傾斜していて、平坦で丘陵起伏がほとんどありません。台地面には東西の河川があり、細長い河谷が南北に延びています。鉄道は中央部を東西に相鉄本線が、南北に小田急江ノ島線が走っており、北部には東急田園都市線があって8駅もあります。これにより、市内のどこからでも最寄り駅まで約15分前後で行くことができ、新宿、渋谷、横浜にはそれぞれ1時間以内で移動ができます。

大和市内と市外の引越し|神奈川県の引越しで安い業者探しはコレです!関連ページ

横浜市
川崎市
平塚市
横須賀市
鎌倉市
茅ヶ崎市
逗子市
藤沢市
葉山町
三浦市
秦野市
厚木市
相模原市
綾瀬市
座間市
南足柄市
海老名市
伊勢原市
愛甲郡
小田原市