神奈川−沖縄県間の引越しを最も安くやってくれる業者の料金はいくら?

神奈川県と沖縄県の引越しはちょっと想像しただけでもかなりの引越し料金が掛かりそうです。

 

もし家財のほとんどを運搬するということになれば(ちょっと考えられないことではありますが)、単身でも50万円を超えることも珍しくなく、家族世帯であれば100万円以上しても不思議ではないでしょう。

 

ここでとても参考になる、神奈川⇔沖縄間を実際に引越しした方の体験談をご紹介します。

神奈川県川崎市から沖縄県宮古島市へ単身の引越しをした体験談

転勤で引っ越さなければならなくなりました。

 

当時、私は社会人3年目の一人暮らし、両親は遠方に住んでいるし、彼氏もなく、友達も少なく、頼れるものは自分のみです。

 

そのうえ初めての引っ越しなのに、神奈川県川崎市のワンルームのアパートから、沖縄県宮古島市の2Kアパートへの引っ越し。ネットでもあまり体験談などの情報が得られません。

 

時は2014年3月末。消費税が5%から8%に上がるときでした。増税前の買い物が増えたことで物流が増え、トラックが少なくなっているとか、引っ越し先で家電を4月に買い増すよりも、今のものをもっていった方がいいとか、いろいろなことを言われる中での引っ越しでした。

 

自分で業者を決めて引っ越すのは初めてだったので、見積依頼のポータルサイトで何社かに見積を取りましたが、時期が時期ということもあったのか、返事があったのは2社。おそらく引っ越し先が離島だからでしょう、いずれも50万円超え。とてもそんな金額は払えないので困っていたところ、クロネコヤマトの単身パックを見つけました。

 

見積シミュレーションをしてみると、通常のパック料金に船賃を足した金額で良いようで、びっくりするくらい安く済みそう。お気に入りのベッドを別便で送ることにしても15万円程度でした。

 

残念ながら3月の土日はもう予約が取れないということだったので、3月下旬の平日午前中に予約を取りました。

 

単身パックは、梱包や荷解きはしてくれないので、半月ほど前からこつこつと自分で準備をし、当日は部屋いっぱいに荷物を広げてトラックの到着を待ちました。どれくらい荷物が入るのか不安もあったので、心の中では、どうしてももっていかなくてはいけないもの、場合によってはあきらめられるもの、と荷物の優先順位を決めていました。

 

当日は待てど暮らせどトラックが来ず、昼を過ぎてから遅れる旨の連絡が入りました。予約がたくさん入っていて、どんどんずれ込んでしまったようです。やむを得ないこととはいえ、役所で転出手続きをする予定が狂ってしまったのが残念でした。引っ越しシーズンは余裕を持っておかないといけないということを学びました。

 

料金はわかりやすく、見積もりの通り。離島のため到着日は指定できない、状況によっては遅れるかもしれない、ということでしたが、荷物を運び出してから2週間かからずに荷物は無事に離島に到着しました。

 

予定していた荷物は全部パックの中に納まったし、破損などの問題もなかったので、こちらに頼んでよかったと思います。物が少なかったので梱包も一人で何とかなりました。身の丈に合った引っ越しができました。

 

上の体験談の方は神奈川−沖縄間の引越しを3月に行っています。

 

3月は業者の手配すら難しいほどに混雑する超繁忙期ですが、なおかつ消費税増税時の駆け込み依頼とぶち当たってしまったため、いわゆる引越し相場が最高に高い時でしたので、どの業者の見積もりも50万円以上したというのも納得です。

 

神奈川−沖縄県間の引っ越し予定があるのなら、なるべく早目に一括見積もりを使用して業者の料金を比較してみることをおすすめします。安くやってくれる業者が見つかればOK!、無ければ極限まで引っ越し荷物量をスリム化して荷物として運搬するのがベストな手段でしょう。

 




 

 

 

 

引っ越しの予約が少ない時期帯や曜日ですと、一般的な引越し相場よりも安価になると想定されます。けれど引越しに最適な大安等の吉日については相場よりもいくらか割高に見積もりされるといった傾向がございます。事実引っ越し料金においては、割増料金且つオプション料金などといったものが加えられることがございます。例を挙げると、割増額は、日・祝祭日の休日割増が2割にて、早朝・夜間の時間外割増に関してはさらに3割となります。

 

当日の時間帯を引っ越し業者の都合(空いている日など)に合わせるとか気にならないならば仏滅にしてしまうなどにして、大体の人たちが外す日取りにすると引っ越し料金を安価にすることができます。度々、営業スタッフが見積もりを行いに来るからと、既に家中を整理したりしているといった人がいますけど、まだ神奈川−沖縄県間の引越し見積もりの段階では、持っていく予定の荷物をダンボールに詰めておくといったことはしておかなくてOKです。

 

 

 

簡単な入力で神奈川⇔沖縄県の引越しの見積りが最大10社から届きます>>>Click!!

 

 

 

自分自身にとって最適な神奈川−沖縄県間の引越し相場をチェックするためには、まずいくつかの引っ越し業者より見積もりを取り寄せることが最短ルートといえます。ですので何もしないで「面倒くさい!」なぞと後ろ向きにならないでくださいね。普通サービス内容や条件などは各引越し業者ごとに違うため、適当に決めずによく比較する事が要必須!全ての引越し見積もりを取った時点に実際比べて見ることが重要と言えます。いざ引越し見積もりを依頼する場合は、最低でも、「転入先の新しい住所」かつ「引越しを行う希望日」「転入先に運ぶつもりの荷物」というのがすでに定まっていることが求められます。

 

実際なるべく早期に準備を行い、引越し日程を確定する時に、休み以外の平日を含めた日取りを何案か押さえておくとベターです。実際ウィークデーの方が引越し業者側もスムーズに割引の交渉に応じてもらえる率が上がります。引越し業者の費用については、実のところ複数社の料金比較を行うか否かで結構幅が生じてきます。少なくみても3割ほどは得する可能性がありますので、是が非でも比較するように!

 

1日の中で「午前」or「午後」、一般的に言えば早いor遅い時間の早朝・夜間の「フリー」の3パターンにカテゴリー分けし段取りします。もしあなたが引っ越し費用に固執するのであれば、迷わず「フリー便」にチャレンジしましょう!実を言えば引越し見積もりの依頼方法にて引っ越し費用に差がでてしまうもの。この理由は各引越しがオリジナルであり、決して同じ環境の引越しというものは生じることが無いためです。実際に曜日で、引っ越し費用の計算方法が変わってくるもの。土・日曜日、祝日より月曜から金曜日の平常日の方が安めの業者が多いので、なるべく平日を選択した方がベターです。