鉄道沿線沿線の部屋探しと引越し|神奈川の市内・県内・県外引越し 費用の安い業者見積り比較ならコレ記事一覧

 

JR東海道線は、東海道本線のうち、JR東日本が管轄している東京都千代田区の東京駅から、静岡県熱海市の熱海駅までの区間を運行している中距離旅客列車です。国鉄が運営していた当時は、JR東海道線の普通列車を指して「湘南電車」という言葉が旅客案内において用いられており、今でも「湘南電車」と呼ばれています。JR東海道線は、東京から南へ伸びて、横浜市、藤沢市など、神奈川県の太平洋側の各都市を経由して、熱海市へ...

 
 

横須賀線は、神奈川県鎌倉市の大船駅から、横須賀市の久里浜駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。横須賀線は、東京地区の電車特定区間(E電)の一つであり、東京都心と、鎌倉市や逗子市、横須賀市などの三浦半島内の各都市を結んでいます。横須賀線は全区間が電車特定区間となりますが、使用される車両は、一部にクロスシートやトイレを備えた近郊タイプの車両が用いられています。横須賀線の車体の色は伝統的に青とクリーム色を使...

 
 

横浜線は、神奈川県横浜市の東神奈川駅と、東京都八王子市の八王子駅を結ぶJR東日本の鉄道路線である。横浜線の地元では「ハマ線」と呼ばれており、東京地区の電車特定区間内(E電)の一つです。路線名は「横浜」ですが、横浜駅は東神奈川駅から京浜東北線で一駅隣であり、横浜駅へ直通しない列車も多いです。横浜線は、横浜市の北部から中心部にアクセスするための機能を果たしていると同時に、東京都心から郊外に延びる放射状...

 
 

南武線は、神奈川県の川崎駅と、東京都の立川駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。その他の支線に、浜川崎支線(南武支線)、尻手短絡線があります。南武線のラインカラーは黄色で、車両の一部が黄色に塗られています。南武線は、川崎市の細長い形に沿うように走っている、川崎市の動脈となる路線です。南武線は今のところ、川崎駅付近や、臨海地区などの南部地域と、多摩区などの北部地域を結んでいる唯一の交通機関です。また、南...

 
 

相模線は、神奈川県茅ヶ崎市の茅ヶ崎駅と、相模原市の橋本駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。相模線のラインカラーは、相模川をイメージした濃い水色です。相模線は、茅ヶ崎駅から相模川に沿って北へ向かって走っており、元は相模鉄道(現在の相鉄ホールディングス)の路線でしたが、東海道本線と中央本線とを結ぶバイパス路線として国有化されました。相模線の終点である橋本駅は、リニア中央新幹線停車駅の候補の一つとされてい...

 
 

根岸線は、神奈川県横浜市の横浜駅から、鎌倉市の大船駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。根岸線の路線カラーはスカイブルーです。根岸線は、横浜市南部の主要鉄道路線として1973年に全通しました。根岸線は当初から、京浜東北線と一体となっての直通運転が行われており、横浜市南部から東京都心への通勤・通学のための主要ルートとなっています。また、根岸線は横浜線との直通電車も走っており、横浜市北西部や東京都町田市な...

 
 

鶴見線は、JR東日本の鉄道路線で、神奈川県横浜市の鶴見駅から川崎市の扇町駅までに至る本線と、横浜市の浅野駅から分岐して海芝浦駅に至る支線、川崎市の武蔵白石駅(運転上は安善駅)から分岐して大川駅に至る支線の3つの路線によって構成されています。鶴見線のラインカラーは黄色です。鶴見線は、東京地区の電車特定区間(E電)の路線の一つであり、鶴見から横浜・川崎市内の京浜工業地帯へ向かう短い路線です。鶴見線の利...

 
 

小田急電鉄の路線には、小田原線、多摩線、江ノ島線があり、まとめて小田急線と呼ばれています。そのうちの小田原線は、新宿駅〜小田原駅を走る小田急電鉄の主幹路線で、1927年に開業しました。正式名称の小田原線ではなく、小田急線と呼ばれる場合が多いようです。小田原線は、利用者数世界一のターミナルである新宿駅と、神奈川県西部地方の小田原駅を結んでおり、通勤・通学路線として活用されています。小田原線の利用者は...

 
 

小田急多摩線は1974年に作られました。小田急電鉄の中でも一番最近に作られました。この電車に乗ると多摩ニュータウンや東京都の中心まで行くことができます。小田原線と比較すると電車の通る本数が少ないため、新型の車両のテスト運行に使用されることもあります。特急ロマンスカーなどが作られた時には、多くの鉄道ファンがこの小田急多摩線に集まりました。小田急多摩線には全部で8つの駅があります。路線距離は約10キロ...

 
 

小田急江ノ島線は、神奈川県の相模大野駅から片瀬江ノ島駅を結ぶ鉄道です。江ノ島線では特急や快速、急行、各駅停車の4種類の電車が通っています。特急はロマンスカーとも呼ばれています。小田急江ノ島線は、朝は通勤、通学の方で大変混雑しています。特に湘南台駅までは混んでいます。小田急江ノ島線は夏は海水浴へ行く人、年末年始は参拝に行く人、それ以外の時期は観光客がやってくることが多いようです。江ノ島線の電車は、6...

 
 

京王相模原線は、京王電鉄の支線です。東京都の調布駅から神奈川県の橋本駅までを結ぶ鉄道路線となっており、京王線の支線の中では、距離が最も長く、歴史も最も古いです。京王相模原線は、1916年に京王電鉄の前身である京王電気軌道が開業させた、調布駅〜多摩川原駅(現・京王多摩川駅)間の多摩川支線がスタートとなっています。多摩川支線の開業目的は、多摩川で採取された砂利を都心に運搬するためでした。当時は、都心に...

 
 

東急東横線は、東京都の渋谷駅と神奈川の横浜駅を結ぶ、東京急行電鉄(東急)の鉄道路線です。東急東横線は、東京と横浜という2つの都市を結ぶ路線の一つであり、通勤路線として多くの人々に利用されています。東急東横線の歴史を溯ると、戦後の利用者数の増加に伴い、編成数の増強と、車両の大型化を図るための複々線化事業をたびたび行っていることが分かります。東急東横線では、1969年頃から主に、日比谷線直通電車を4つ...

 
 

東急田園都市線は、東京急行電鉄(東急)が運営している鉄道路線で、区間は東京都渋谷駅から神奈川県の中央林間駅となっています。東急田園都市線の路線カラーは緑色です。かつて、渋谷駅から二子玉川駅までは新玉川線という別の地下路線でしたが、現在は田園都市線の一部となっています。この区画の上は現在ビル街となっており、その周囲は世田谷の住宅街が広がっていて、地域住民の足として非常に重要な区画です。東急田園都市線...

 
 

東急大井町線は、東京急行電鉄(東急)が運営する鉄道路線です。東急大井町線の区画は、東京都品川区の大井町駅と、神奈川県川崎市の溝の口駅までとなっており、路線カラーは橙色です。ただし、二子玉川から溝の口の間は、田園都市線の複々線区間ですので、公式サイトの路線概要では二子新地駅・高津駅は含まれていません。東急大井町線は、品川・大田・目黒・世田谷の住宅密集地を走っており、各地の住民の足として非常に重要です...

 
 

東急目黒線は、東京都品川区の目黒駅と、神奈川県横浜市の日吉駅を結ぶ東京急行電鉄(東急)の鉄道路線です。東急目黒線は、東横線複々線化事業に伴い誕生し、目黒駅〜田園調布駅の区画の路線です(田園調布駅〜日吉駅間は東横線の複々線区間に含まれるため、同区間は東横線に属します)。東急目黒線のほとんどが、道路との立体交差化が行われており、踏切がある区間は大岡山〜奥沢間の4箇所、奥沢〜田園調布間の2箇所、武蔵小杉...

 
 

東急こどもの国線は、神奈川県横浜市の長津田駅と、横浜市のこどもの国駅を結ぶ鉄道路線です。東急こどもの国線は上下分離方式で運営されており、2000年までは社会福祉法人こどもの国協会が車両・施設を保有していましたが、現在は横浜高速鉄道が車両・施設を保有しています。横浜高速鉄道が「第三種鉄道事業者者」として、東京急行電鉄(東急)に線路を貸しています。そして東急は、「第二種鉄道事業者」として、列車を運行し...

 
 

京急本線は、主に東京都と神奈川県を結ぶ鉄道のことです。千葉県へ運行する電車もあります。また、空港線も通っています。路線距離は56.7キロメートルで、最高速度は一時間に120キロメートルというところです。京急本線は、全部で50もの駅があります。電車の種別は6種類です。京急ウィング号やエアポート快特、快特、特急、エアポート急行、普通、がそれらになります。京急本線は、日清戦争後、交通機関の需要が高まった...

 
 

京急逗子線は、横浜市金沢区から逗子市を結ぶ電車です。金沢八景駅から新逗子駅を結ぶ電車です。京急逗子線は、1930年、昭和5年の4月1日湘南電鉄鉄道の一部として開通したのが始まりです。その頃は、金沢八景駅から湘南逗子駅まで電車が通っていました。京急逗子線における最長駅間距離は、六浦駅から神武寺駅で2.8キロメートルです。走行距離は約6キロメートルです。全部で4駅あります。停車駅は、金沢八景駅、六浦駅...

 
 

相鉄本線は、相模鉄道を省略した呼び方で、横浜市の中心近くを通る横浜駅と大和市海老名市を通る電車です。昔は、相模川の砂利を運ぶために建設されましたが、現在は通勤や生活用の電車として利用されています。路線距離は約25キロメートルで、全部で18の駅があります。最高速度は、時速100キロメートルです。電車の種別は、各駅停車、急行、快速の3つです。過去には準急も運行していましたが、今はありません。平日の朝の...

 
 

江ノ島電鉄線は、藤沢市藤沢駅から藤沢市江ノ島駅を通り、鎌倉市鎌倉駅を通る電車です。1902年、明治35年に開通したのが江ノ島電鉄の始まりです。当時は藤沢駅から片瀬駅の間で電車が開通していました。現在では、「江ノ電」と地域住民や観光客などから呼ばれています。全区間でPASMOとSuicaが利用できます。路線距離は約10キロメートルで、全部で15の駅があります。最高許容速度は、時速60キロメートルです...

 
 

湘南モノレール江ノ島線は、神奈川県鎌倉市にある大船駅から神奈川県藤沢市にある湘南江ノ島駅を結ぶモノレール線です。1970年、昭和45年の3月7日に大船駅から西鎌倉駅の間で運行されたのが湘南モノレール江ノ島線の始まりです。路線距離は約6.6キロメートルで、全部で8の駅があります。最高速度は、時速75キロメートルです。現在では、通勤・通学の需要が9割にも達し、朝ラッシュ、夕ラッシュは大変混雑します。富...

 
 

横浜市営地下鉄グリーンラインは、正式名称を横浜高速鉄道4号線といい、横浜市の中山駅から日吉駅までを結ぶ電車です。中山駅から日吉駅までは、神奈川県横浜市にあります。丘陵を通る電車ということでグリーンラインと呼ばれています。Green Lineと呼ばれることからGLと省略して呼ばれることもあります。路線距離は約13キロメートルで、停車駅は全部で10駅あります。車両は10000系で、リニア式モーター駆動...

 
 

横浜市営地下鉄ブルーラインは、神奈川県藤沢市から神奈川県横浜市を通る電車です。この電車は湘南台駅からあざみ野駅を結んでいます。横浜市営地下鉄ブルーラインは、正式名称を横浜市高速鉄道1号線・3号線と呼ばれています。湘南台駅から関内駅を結ぶ電車を1号線、関内駅からあざみ野を結ぶ電車を3号線と呼んでいます。路線距離は約40.4キロメートルで、そのうち、地上の区間が7.7キロメートルあります。1号線の関内...

 
 

金沢シーサイドラインは、新杉田区と金沢八景駅を結ぶ電車です。新杉田駅から金沢八景駅までの駅は全て神奈川県横浜市にあります。この全ての区間はPASMOとSuicaの利用が可能です。新杉田駅から金沢八景駅まで全部で14駅あります。路線距離は約11キロメートルあります。金沢シーサイドラインは、1989年7月5日に開通しました。車両は1000形のものと2000形のものがあります。また車両の一部には車椅子専...

 
 

みなとみらい21線は、2004年2月に開業した、横浜高速鉄道の鉄道路線です。みなとみらい21線の区画は、神奈川県横浜市の横浜駅から中華街駅までとなります。路線の正式名称は「みなとみらい21線」ですが、利用者向けの案内などはすべて「みなとみらい線」で統一されています。みなとみらい21線は、全線が地下区間であり、横浜みなとみらい21地区と関内地区を通ります。ちなみに、みなとみらい21線の利用者の96%...