江ノ島電鉄線沿線の部屋探しと引越し


江ノ島電鉄線は、藤沢市藤沢駅から藤沢市江ノ島駅を通り、鎌倉市鎌倉駅を通る電車です。1902年、明治35年に開通したのが江ノ島電鉄の始まりです。当時は藤沢駅から片瀬駅の間で電車が開通していました。現在では、「江ノ電」と地域住民や観光客などから呼ばれています。全区間でPASMOとSuicaが利用できます。路線距離は約10キロメートルで、全部で15の駅があります。最高許容速度は、時速60キロメートルです。車両は約13メートルの小型高床式タイプが用いられています。

 

戦後は、利用乗客数が減り、江ノ島電鉄線廃止の危機にさらされましたが、道路が渋滞したことをきっかけに江ノ島電鉄線の利用が見直されたり、テレビドラマ、鎌倉。湘南への人気が高まったこともあり、江ノ島電鉄線の利用者が増え、廃止の危機から逃れることができました。現在、和田塚駅、由比ヶ浜駅、鎌倉高校前駅、湘南海岸公園駅、柳小路駅、石上駅の6駅は無人駅となっています。また鎌倉駅、藤沢駅、長谷駅、江ノ島駅には自動改札機が設置されています。皆さんも近くを訪れた時には、是非江ノ島電鉄線をご利用ください。

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

 

市内などの近距離の引っ越しの場合

遠距離の引越しと比べて近距離の引越しは楽だと思いがちです。しかし、それは気持ちの問題で、引越しの内容は遠距離とまったく一緒と考えてもいいでしょう。むしろ近距離の場合は時間との勝負ともなってきますので、てきぱきとした行動が必要となってきます。とくに3月などの繁忙期となると近距離の引越しは午前か午後のどちらか、時間も3時間から4時間と決められています。引越し会社も日に2回、ときによっては3回の引越しをこなさなくてはいけないため、かなりの効率を求められるのです。

 

ですから利用者側としても最大限の協力が必要となってきます。荷物の梱包などは事前に利用者がしっかりと行っておくことは引越しスタッフの負担の軽減だけではなく引越し料金の軽減にもつながりますので、荷物の梱包については事前にしっかりと引越し会社に相談しておきましょう。3、4時間で引越しを終わらせる場合というのはかなり無謀のようにも思われますが、引越しスタッフの手際のよさを見てしまうと納得してしまいますから不思議です。私たちが考えている以上に引越しの技術は上がっていますからやはりノウハウの蓄積のある大手に引越し専門会社に引越しを依頼するのがベストといえます。

 

引越し料金をできるだけ安くするには相見積もりは必須といえますが、露骨な値段交渉はモチベーションを下げてしまうのでしつこくするのはできるだけ避けたいものです。最初の見積もりの1割から2割減くらいが妥当かもしれませんね。