京王相模原線沿線の部屋探しと引越し

京王相模原線は、京王電鉄の支線です。東京都の調布駅から神奈川県の橋本駅までを結ぶ鉄道路線となっており、京王線の支線の中では、距離が最も長く、歴史も最も古いです。京王相模原線は、1916年に京王電鉄の前身である京王電気軌道が開業させた、調布駅〜多摩川原駅(現・京王多摩川駅)間の多摩川支線がスタートとなっています。多摩川支線の開業目的は、多摩川で採取された砂利を都心に運搬するためでした。

 

 

当時は、都心に砂利を運搬するための鉄道が何本も敷設されており、駅から河まではトロッコも走っていたようです。京王相模原線は、京王電鉄の路線では唯一、神奈川県内も沿線としている路線です。その後、1971年に京王多摩川駅〜京王よみうりランド駅間が開通しました。それから3年後に京王よみうりランド駅〜多摩センター駅間が開通、1988年に多摩センター駅〜南大沢駅間が開通し、1990年に南大沢駅〜橋本駅間が開通しました。京王相模原線の特徴は、トンネルが非常に多く、調布駅付近を除いては踏切がありません。京王相模原線は、昭和を感じさせるレトロな雰囲気が今でも残っている鉄道路線です。

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

 

不用品の処分の仕方を知って安く、快適に!

引越しの際には、不用品を処分することも必要です。家の中を見渡してみますと、何年(数ヶ月)も使っていないものもあると思います。季節商品を除き、3ヶ月間利用していないようなモノは一生利用することがないと言われています。また、しばらくしてから利用しようとしても、もうかなり古いタイプとなっていて、利用価値のないものばかりなんてこともあると思います。

 

そこで、引越しを機に不用なものは全て処分するように心がけましょう。余分な荷物を引っ越し業者に運んでもらうのは、料金ばかり高くなり、ムダにお金を使うことになります。しかし、不用品処分は結構面倒なものです。大きなモノもあれば、モノによっては処分の方法が異なるために分別しなければなりません。ご自身では不用だと思っても欲しい方がいるようなモノはできれば有料で買取ってもらいたいものです。

 

しかし、いちいち買取をしてもらうのも大変なことですので、今では、引越し業者が不用品の買取をしてくれたり、有料で不用品の回収を行ってくれるサービスもあります。引越し業者は売れるものについてはリサイクルショップ店と提携し、売れないものについては処分をしてくれるのです。単身赴任の場合には、仕事をしながらの引越し準備となりますので、できれば手間のかからない引越し業者の不用品引取サービスを利用されることが最も良い方法だと思います。

 

ただ、高価なものでどうしても売りたいものについては、インターネットのオークションなどで売る方法もあります。お時間のある方はぜひ利用されるとよろしいと思います。