相模線沿線の部屋探しと引越し

相模線は、神奈川県茅ヶ崎市の茅ヶ崎駅と、相模原市の橋本駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。相模線のラインカラーは、相模川をイメージした濃い水色です。相模線は、茅ヶ崎駅から相模川に沿って北へ向かって走っており、元は相模鉄道(現在の相鉄ホールディングス)の路線でしたが、東海道本線と中央本線とを結ぶバイパス路線として国有化されました。相模線の終点である橋本駅は、リニア中央新幹線停車駅の候補の一つとされています。相模線は、すべての列車が各駅停車で、基本的には茅ヶ崎駅〜橋本駅間の折り返し運用ですが、朝夕の列車は橋本駅から横浜線に乗り入れて八王子駅まで運転されています。

 

相模線は、地元自治体から複線化の要望が上がっていますが、今のところ動きはありません。相模線沿線の茅ヶ崎市・高座郡寒川町・海老名市は、地震防災対策強化地域に含まれています。そのため、東海地震の警戒宣言が発令された場合、相模線の全区間は列車の運転が中止されることになっています。相模線は全区間でSuica及びICカードが利用可能です。駅での交換待ちの停車時間が長いため、車内保温のために通年で半自動ドアを採用しています。

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

ネット・通信関係の引越し手続き

今、テレビ番組をインターネット上で見ようとする人が増加しています。有料もしくは7日間だけという場合が多々ありますが、特に固執する理由がないのなら、意図して家にテレビを置いておく必要はありません。今後転居の機会があれば、心機一転、テレビと離別した方が良いと思います。

 

転居先に荷物を一通り運び落ち着いたら、NHKに住所変更届を出さなければ!と思われる方もいるかもしれません。
しかし、意識して連絡する必要性を感じません。コチラが引越したことを教えてあげたわけではない、、、そのはずですが、情報源はどこなのか、引越し先を知ったNHKが訪問して来るので、あまり意味がないかもしれません。
イマドキ、ニュースが読みたいのなら、インターネットさえあれば困りません。簡単に知りたい情報が手に入りますからね。新聞より値段はかかりませんし、お手軽です。ですから、もし引越すことがあれば、その際にでも、新聞の契約を打ちきってしまうのも1つの手だと思います。

 

自宅に固定電話が設定されている人は、今少数だと思われます。しかしながら、まだ利用している人が多々いるのです。引っ越しのタイミングを狙って、固定電話を処分し、スマートフォンに変更してみてはどうでしょう?電話回線を引越し先に設置するのは大変ですし、スマートフォンを使えば、通話も可能ですし、ニュースも見れますので楽ですよ。

 

ネット回線を引越した先でもしも使うときは、申込完了までしばしの時間が要ります。申込をした日から利用できる日まで最短でも7日〜半月くらい、もしも申し込みが遅くなると1ヵ月以上かかる場合もあります。引越し後に申し込みをしてもはっきり言って遅いですから、できるだけ早めに申し込むようにしましょう。

 

引越しの際に行うネット関連の手続きのやり方は、プロバイダと回線会社の両方に転居する日や新居の住所等の伝達を忘れないようにして下さい。そして、担当者からの指示に従い、詳しい手続きを進めていくことになります。今使っているモデムなどの機器に関しては、新住所にそのまま移す場合が大半とはいえ、引越し時の状況により新しい機器にする必要も出るかもしれませんので、事実関係についてはしっかりと調べておきましょう。