JR東海道線沿線の部屋探しと引越し


JR東海道線は、東海道本線のうち、JR東日本が管轄している東京都千代田区の東京駅から、静岡県熱海市の熱海駅までの区間を運行している中距離旅客列車です。国鉄が運営していた当時は、JR東海道線の普通列車を指して「湘南電車」という言葉が旅客案内において用いられており、今でも「湘南電車」と呼ばれています。JR東海道線は、東京から南へ伸びて、横浜市、藤沢市など、神奈川県の太平洋側の各都市を経由して、熱海市へ至ります。

 

JR東海道線は、東京都心への通勤路線となっており、朝ラッシュ時の利用者が多かったため、JR東日本は混雑改善を図ってホームライナーを増発したり、2階建てグリーン車を連結させて着席サービスを向上するなど様々な手段を図っています。2001年からは、横須賀線の線路と山手貨物線新宿駅を経由し、高崎線へと直通する湘南新宿ラインの運行が開始されました。また、東京から伊豆半島へ向かう特急列車、「踊り子」や「スーパービュー踊り子」も走っています。JR東海道線のラインカラーは、車体の一部であるオレンジ色によって現され、通称「湘南色」と呼ばれています。

 

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

新居の周辺を散策してみましょう

荷解きが終わって一段落つけば周辺散策に出かけましょう。もし急な高熱を出したときに病院の場所もわからないと大変ですからね。ここでは、まず場所を把握しておいた方が良い、店や施設を紹介していきます。あとでゆっくり探せばいいものは、後回しでもいいですが、病院などは事前に知っておいたほうがいざというときに安心です。

 

まずは食品スーパーです。コンビニはこのご時世よっぽどの田舎でない限り、荷物の搬入までに一軒や二軒は見つけられているかもしれません。しかしスーパーは意外とすぐには無いものです。住宅街であれば、ロードサイドではなくまさに住宅街のど真ん中にひっそりとある場合もあります。引越当日は料理するのもめんどくさいでしょうから、スーパーの総菜が手っ取り早いです。事前に賃貸屋さんに一番近いスーパーの場所ぐらい聞いておきましょう。

 

続いて郵便局、銀行ですね。「いいよ、コンビニでお金下ろすから」なんていう人はきっと大金持ちかなんかですね?どうせなら手数料のかからない銀行で下ろしましょう。いざというときに場所をしっておくと便利です。郵便局も同様です。毎日使う施設ではありませんが、知っておいて損はありません。

 

続いてグルメ編。お酒が大好きな人は、新しい街の飲み屋を開拓したくてうずうずしてるんじゃないでしょうか?確かに新しい街では知り合いもいないでしょうし、手っ取り早く飲み屋で知り合いをつくるのもいいかもしれませんね。引越し間もなければそれだけで話も盛り上がりそうです。