東急目黒線沿線の部屋探しと引越し


東急目黒線は、東京都品川区の目黒駅と、神奈川県横浜市の日吉駅を結ぶ東京急行電鉄(東急)の鉄道路線です。東急目黒線は、東横線複々線化事業に伴い誕生し、目黒駅〜田園調布駅の区画の路線です(田園調布駅〜日吉駅間は東横線の複々線区間に含まれるため、同区間は東横線に属します)。東急目黒線のほとんどが、道路との立体交差化が行われており、踏切がある区間は大岡山〜奥沢間の4箇所、奥沢〜田園調布間の2箇所、武蔵小杉〜元住吉間の1箇所で、合計7箇所となっています。

 

東急目黒線は、田園調布駅から東横線と並走し、日吉駅に至ります。東急目黒線の列車は、全列車20m車両6両編成となっており、全駅にホームドアが設置されています。東急目黒線は目黒線という名称ですが、実際に目黒区にある駅は洗足駅のみであり、目黒駅は品川区にあります。東急目黒線は、東京地下鉄(東京メトロ)南北線と、都営地下鉄三田線と相互直通運転しており、両線とも目黒駅からの乗り入れとなります。東急目黒線は2006年9月から急行運転が開始されており、東急の唯一のワンマン運転急行です。

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

 

荷造りは重要な引越しのポイントです!

引越し先が決まった時、新生活に胸を躍らせていたのに引越し準備を始めるといろいろと面倒なことがあって、テンションが下がりますよね。なかでも引越しの荷造りが面倒でついつい引越しのギリギリまで手を付けないということになってしまいます。引越し料金を安く抑えるには自分で荷造りを決めた方は絶対に自分でしなければいけません。「荷物が少ないから前の晩から始めれば大丈夫」と思って始めたけど、引越し業者がついてもまだ終わっていない…なんて事にならないよう、事前に計画を立てて荷造りをしたほうが良いでしょう。

 

では、引越の荷造りは何時から始めたほうが良いのでしょうか?それは、引越しの予定日の2週間前には始めたほうが良いでしょう。荷造りしたダンボールは寝起きしていない部屋か生活に支障をきたさない場所を置き場にします。毎日使わないものからダンボールに詰めていきます。ダンボールに何が入っているかわかるようにマジックなどで書いておきましょう。「あれ?こんなところにあった」と思うような物は引越し先に持って行ってもまず使わないので、思い切って処分します。

 

ダンボールに詰めるとき重いものを大きな箱に入れると底が抜けてしまうので小さなダンボールに入れます。軽いものは大きな箱に入れたほうがよいです。食器は俗にプチプチという緩衝材で包むか新聞紙で包みます。引越し業者によって簡単にしまうことができるボックスがあります。冷蔵庫の中身は調味料以外は引越予定日まで食べ切ります。調味料は密封出来ないものは中身を処分して、瓶に入っているものは箱に詰めた後ワレモノと明記します。冷蔵庫の電源は最低6時間前には切って、霜が溶けて他の荷物が濡れないよう霜取りをしておきます。

 

タンスなどの大きな家具の中はそのままで構わないという業者が多いです。念のため見積りの際確認してください。テレビ、洗濯機などは取り付け・取り外しを業者が行う場合が多いようです。オプションサービスとなっているところもあるので確認してください。

頼りになるプランがあります!

荷造りが面倒という方は全て業者がやってくれるプランがあります。私は荷造りをしてしまうと生活が出来ないくらい狭い部屋からの引越しのときに業者に荷造りをしてもらいました。ただ見ているだけだったので引越し当日はとても楽でした。荷物が苦痛と感じてる方にはおすすめです。どのくらいの価格かは一人暮らし 引越し 費用の見積もり比較を行いましょう。