東急東横線沿線の部屋探しと引越し


東急東横線は、東京都の渋谷駅と神奈川の横浜駅を結ぶ、東京急行電鉄(東急)の鉄道路線です。東急東横線は、東京と横浜という2つの都市を結ぶ路線の一つであり、通勤路線として多くの人々に利用されています。東急東横線の歴史を溯ると、戦後の利用者数の増加に伴い、編成数の増強と、車両の大型化を図るための複々線化事業をたびたび行っていることが分かります。

 

東急東横線では、1969年頃から主に、日比谷線直通電車を4つドア20m車に順次編成してゆき、昭和末期になると、東横線渋谷駅から桜木町駅の間を運行する列車を、順次20m8両編成へと増強させていった。そして同時に、輸送力増加(混雑解消)のために最も最も効果があるとされる複々線化を行い、線路の数を倍にしていきました。東急東横線の複々線化事業によって生まれたのが、日吉駅から目黒駅を介して都心に至るバイパス路線、東急目黒線です。そして東急東横線の多摩川園駅が、2000年に多摩川駅に改称されて急行停車駅となり、目蒲線が2つの路線に分離されたことを境に、目蒲駅〜蒲田駅間が東急多摩川線となり、目黒駅〜武蔵小杉駅間が東急目黒線して改められました。

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

 

利用すると便利なサービス

現在、引越し業者の多くは単身引越しにおける顧客獲得に力を入れています。そのため、オプションサービスも単身者の生活を快適にするための工夫が凝らされています。中には、基本のサービスと特定のオプションを同時に使うと両方とも格安になるプランもあります。単身者に人気のサービスをいくつか挙げてみますと、家具家電のレンタルサービス、盗聴器発見サービス、新居もしくは現住の住まいのクリーニング、模様替えの手伝い等があります。引越し屋が盗聴器発見とは意外に思われるかもしれませんが、前の住民が残していったコンセントタップなどに小型カメラや盗聴器が残っていることはよくあることのようです。

 

 

特に人気が高いのが家具家電のレンタルサービスです。企業によっては、単身赴任の社員のために、社宅を用意してレンタルサービスによって揃えた家具ごと社員に貸与すると言う形を取るところもあります。難を言えば、少しデザインがシンプルで、飾り気がないことでしょうか。因みに引越しをなさった後、殺風景だなと思った場合は観葉植物やリースなどを置くと色が加わって、奥行きが広く見えます。更にもうひとつ、小ネタを申し上げますと、ダイエット中の方は、冷蔵庫やシルバー、紫、青など冷たく感じる色を選んでください。これらの色は食欲が抑えられる色だと言われています。また、中々家に帰れない自分の時間が取れないとお思いの方は赤をとりいれましょう。この色は少しの時間でも長く感じさせる効果を持つ色です。ご参考になれば幸いです。