鶴見線沿線の部屋探しと引越し


鶴見線は、JR東日本の鉄道路線で、神奈川県横浜市の鶴見駅から川崎市の扇町駅までに至る本線と、横浜市の浅野駅から分岐して海芝浦駅に至る支線、川崎市の武蔵白石駅(運転上は安善駅)から分岐して大川駅に至る支線の3つの路線によって構成されています。鶴見線のラインカラーは黄色です。鶴見線は、東京地区の電車特定区間(E電)の路線の一つであり、鶴見から横浜・川崎市内の京浜工業地帯へ向かう短い路線です。鶴見線の利用者のほとんどが、沿線に林立する工場の従業員です。そのため、工場の従業員を輸送することに特化したダイヤが組まれており、朝夕の本数が多く、昼間は少ないです。

 

鶴見線は旅客列車のほか、貨物列車が日本貨物鉄道(JR貨物)によって運転されています。沿線が京浜工業地帯であるため、化学薬品や石油輸送が盛んであり、扇町駅からは化学薬品と工場燃料用の石炭が輸送されており、安善駅からは在日米軍横田基地向けの石油輸送が行われています。鶴見線は、鶴見駅以外の各駅の出改札業務がすべて無人化されており、全駅でSuica及びICカードが利用可能です。

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

旧居では挨拶をしたいものです

ご近所さんとの付き合いが昔より希薄になったといはいえ、あいさつは社会のあらゆる場面で人間関係の基本となるものです。独り暮らしの場合など、挨拶をしない人も多くなってきたようですが、今後の新天地での生活を思えば、挨拶は最低限しておいて損はないと思います。

 

意外と忘れがちなのが、旧居のご近所へのあいさつです。引越しが決まったら、特に親しくしていた人には引越しが決まった時点で知らせ、それ以外のご近所さんには、引越し前日までにあいさつをしておくべきでしょう。

 

新居の方は、引越し当日、遅くても翌日までにはあいさつをしておくべきです。あいさつする範囲は、慣習では向こう三軒両隣となっています。マンションやアパートの場合は両隣に加えて真上と真下に行います。

 

また、大家さんや管理人への挨拶も忘れずにしておきましょう。ご近所の挨拶に持参する挨拶品は、タオルや石鹸などが一般的です。値段は500円〜1000円くらいが相場でしょうか。時間帯は特に決まりはありませんが、常識的に考えて、早朝、昼時、夜遅くは避けるべきでしょう。相手が留守の場合は、不在だったので再度訪問する旨を書いたメモをドアに貼っておくといいでしょう。何度来ても不在の場合は、引越しの挨拶を添えて挨拶品を郵便受けに入れておけばいいでしょう。

 

 

ご近所に限らず、職場、学校などで初対面の人へのあいさつも新たな環境に馴染むためには大事なポイントです。新天地で気持ちよく生活をスタートするためにも、あいさつはしっかりしておきましょう。特に新生活をはじめる4月にはこの挨拶を大切にしましょう。人間は第一印象で決まります。ところで4月 引越し相場は高いという話ですが知っていましたか?