横浜線沿線の部屋探しと引越し

横浜線は、神奈川県横浜市の東神奈川駅と、東京都八王子市の八王子駅を結ぶJR東日本の鉄道路線である。横浜線の地元では「ハマ線」と呼ばれており、東京地区の電車特定区間内(E電)の一つです。路線名は「横浜」ですが、横浜駅は東神奈川駅から京浜東北線で一駅隣であり、横浜駅へ直通しない列車も多いです。横浜線は、横浜市の北部から中心部にアクセスするための機能を果たしていると同時に、東京都心から郊外に延びる放射状路線と交差し、いわゆる環状路線としての機能も有しています。

 

 

横浜線の始まりは、1908年に開業された横浜鉄道という私鉄であり、横浜鉄道は八王子や信州で生産されていた生糸を横浜へと運搬することを目的として開業されました。横浜鉄道は1917年に国有化され、1932年に横浜駅、桜木町駅への乗り入れが開始されました。また、1964年には東海道新幹線が開業し、横浜線との交差箇所に新横浜駅が開業しました。そのことにより、横浜線は、横浜市内と新幹線のフィーダー路線としても機能するようになり、さらに1967年からは輸送力増強のため複線化工事が順次行われ、1988年までに全線が複線化されました。

 

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

転出届を提出

引越しが決まったら、現在住んでいる市区町村の役場で転出届を提出し、“転出証明書”を発行してもらいます。

 

同じ市区町村内での転居であればこの証明書は必要ありません。転出届の受理期間に関しては、各自治体で違いがありますので、事前に確認する必要があります。発行してもらった転出証明書は、引越し先で必要となります。

 

また電力会社・ガス会社・水道局・電話会社・インターネットのプロバイダーに対して契約解除を申請する必要があります。契約書または毎月の請求書にある電話番号に問い合わせをしましょう。その際、各契約者番号や契約者名、契約者の生年月日、契約時の電話番号を聞かれることもありますので、まとめておくと便利です。その他にも、契約しているサービスがあれば全てに対して契約解除の手続きをする必要がありますので、洩れのないように事前にリストアップしておくと後で忘れたということがないと思います。

 

引越し後に郵便物が行方不明になったということがないように、郵便局にも転居届を提出する必要があります。窓口で転居届をもらい、世帯主名、一緒に転居する人の名前、引越す日、引越し先等を書き込むと、引越しから1年間はそれまでの住所宛に届いた郵便物を転居先に転送してくれます。転居届を提出する際には印鑑が必要です。

 

また就学中のお子様がいらっしゃり、校区が変更になる引越しの場合には転校手続きも必要です。これは公立か私立かどうかでも大きく変わってくるようですから、引越しが決まった時点で担任の先生に相談しましょう。

 

春となってシーズン突入の感がありますが、引越し料金 平均、いわゆる相場は高いようですね。2倍とかになることもあるようです。足元を見られていますよね^^;