横浜市営地下鉄ブルーライン沿線の部屋探しと引越し


横浜市営地下鉄ブルーラインは、神奈川県藤沢市から神奈川県横浜市を通る電車です。この電車は湘南台駅からあざみ野駅を結んでいます。横浜市営地下鉄ブルーラインは、正式名称を横浜市高速鉄道1号線・3号線と呼ばれています。湘南台駅から関内駅を結ぶ電車を1号線、関内駅からあざみ野を結ぶ電車を3号線と呼んでいます。路線距離は約40.4キロメートルで、そのうち、地上の区間が7.7キロメートルあります。

 

1号線の関内駅から湘南台駅の間は約19.7キロメートル、3号線のあざみ野駅から関内駅の間は20.7キロメートルあります。全部で32の駅があります。1号線には17駅、3号線には16駅あります。最高速度は時速80キロメートルです。横浜市営地下鉄ブルーラインは、1972年、昭和47年12月16日営業運転が開始されました。その当時は、伊勢佐木長者町駅から上大岡駅の間を1号線として運転していました。横浜地下鉄ブルーラインの車両は、全て6両編成で全車両3000形に統一されています。横浜まで来た際には是非、横浜市営地下鉄ブルーラインを利用してみてください。

 


>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

 

引越しに関する様々な手続き

引越し日が決まり、新居の下見を終え、業者の手配が終わり、現在お住まいの解約手続きが終われば、次は様々な引越し手続きを行う必要があります。

 

では、引越しに関する様々な手続きについて、ご紹介しましょう。例えば、お子さんがいる場合。お子さんの学校の転校手続きが必要となってきます。こちらの転校手続きに関しても、出来れば1カ月前には済ませておきたいもの。お子さんが、スムーズに新しい学校に転入手続きが取れるように、早めに行いましょう。また、中には転居先が遠い方もいると思います。

 

新幹線や飛行機などを利用する方もいるでしょう。そんな方は、そういった交通チケットの手配も早めにしておく必要があります。ギリギリになって、引越し業者は手配しているのに、「本人だけが、新居に当日行けない…」ということになっては、引越し作業は行えません。

 

なるべく、早めに引越しする人数分のチケットの手配を、行っておきましょう。その他、普段から使っている、電気、水道、ガス、インターネット、電話、郵便物、新聞などの転居の手続きも必要となってきます。ガスなどは、引越し当日立ち合いが必要となる地域もありますので、こちらも早めに連絡をしておいた方が良いでしょう。このように、引越しの際には、様々な引越し手続きが必要となります。「たくさんありすぎて、分からなくなりそう」という方も多いと思いますが、一度手続きが必要なものを書き出して、メモしていくと分かりやすくなりますよ。