横須賀線沿線の部屋探しと引越し

横須賀線は、神奈川県鎌倉市の大船駅から、横須賀市の久里浜駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。横須賀線は、東京地区の電車特定区間(E電)の一つであり、東京都心と、鎌倉市や逗子市、横須賀市などの三浦半島内の各都市を結んでいます。横須賀線は全区間が電車特定区間となりますが、使用される車両は、一部にクロスシートやトイレを備えた近郊タイプの車両が用いられています。横須賀線の車体の色は伝統的に青とクリーム色を使用しており、通称「横須賀色」と呼ばれています。旅客案内でのラインカラーは、この横須賀色に近い色の青が使用されています。横須賀線の沿線には、軍都として有名な横須賀や、多くの別荘地を擁しています。

 

そのため、横須賀線では早くから二等車(後の1等車、グリーン車)が連結されており、現在まで受け継がれています。 1980年以降、東京駅から多くの電車が千葉方面の総武快速線と直通するようになり、横須賀線と総武快速線の両線を合わせて「横須賀・総武線」と呼ばれることもあります。また、品川駅〜逗子駅間では、横須賀線と湘南新宿ラインの列車が線路を共用しています。横須賀線は全線を通じて線形となっており、各駅停車を中心に運行されています。

>>> 引越し一括見積もりなら安くて親切な引越し業者が見つかります!

 

 

 

近隣と上手に付き合うための挨拶

引越しの時の挨拶は一般的に上の部屋、下の部屋、隣室となっています。挨拶に行くタイミングは引越しをした当日が良いとされていますが、引越しの時 間が遅くなったときは翌日でも良いようです。荷物の搬入前に、これから引越し作業を行う旨を伝えるのに挨拶に行くのも良いでしょう。

 

挨拶には手ぶらで行くわけにはいきません。持っていくものは500円〜1000円程度の使いやすいものや消耗品を選ぶのが喜ばれるかと思います。いままで引越しの挨拶に来られ た方がもってきた物ではタオルが一番多かったです。

 

この間、ゴミ袋を持ってきた方もいます。ごみ収集に料金がかかる地域(ゴミ袋を買うことで料金を支払うシステム)なのでゴミ袋は嬉しかったです。一人暮らしの場合は挨拶に対して抵抗があるという方もいるでしょう。引越し業者が引越しの挨拶に行ってくれるオプションサービスを行なっているところもあります。自分で行くのに抵抗がある方はこのサービスを利用してみてはどうでしょうか。

 

また、地域によっては引越しの挨拶をしないというのが一般的な場合があります。特に都心部の場合はその傾向が強いように思います。東京に引越しをした時、「女性の一人暮らしだとわかると危ないから行かないほうがいい」と言われたことがあります。土地柄などを理解し、挨拶は「出来る限り行う」というのが良いでしょう。

 

挨拶に数回行って出てもらえないようであれば、挨拶文を記載した簡単な手紙をポストに入れるか、もしくは挨拶そのものを行わないほうが無難でしょう。土地柄によって挨拶に対する考え方が違います。状況を理解して、必要に応じて挨拶回りを行うという認識でいることを理解しておいていただければと思います。